乗鞍高原TOP > 冬の乗鞍高原 > 現地レポート > ツアーレポート

現地レポート

ツアーレポート  宿泊付バスツアー(井戸本編)

2日目

22:15

集合場所でチケット受け取り

チケット受け取り

ビーウェーブスタッフの井戸本です。今回は同じくビーウェーブスタッフの大淵さんと一緒に、関西発、Mt.乗鞍スノーリゾート行きの宿泊付バスツアーに参加してきました!

まずは、集合場所のなんばOCATビル1Fにてチケットを受け取ります。出発は10:30ですので、15分前には集合しましょう(*^_^*)
係りの人からチケットの説明を聞きます。チケットを受け取り、案内後にバスへ乗り込みましょう。バスの号車を間違えないように気を付けてください。

チケット受け取り チケット受け取り
矢印

22:20

バスへ乗り込みます

バスへ乗車

荷物が多い人はこのようなキャリーバッグが便利です。この日の服装は、上はニットに厚手のパーカー、さらにダウンジャケット。下はジーンズの下にタイツ、足元はブーツです。荷物をなるべく少なくしたいので、帰りもこの服装の予定です(^_^;)

必要なものだけ手持ちのカバンに入れて、バスに乗り込みましょう。私は、ハブラシやメイク落とし用のグッズなどを持ち込みました。夕飯は1度目の休憩が約30分ほどなので、その時にとってもいいですが、かなり遅い時間になるため、私は乗車前に済ませました。

座席はこんな感じです。寝る際は、ダウンジャケットをにブランケット代わりに寝ました。寒がりの方は、さらにブランケットなどが1枚あるとちょうどいいかもしれません。

バスへ乗車 バスへ乗車
矢印

22:30

サービスエリアで休憩

サービスエリアで休憩

バスは約2時間おきに休憩があります。今回、1度目の休憩は「多賀SA」で降りました。

まだ元気なので、トイレを済ませた後、お土産をチェック。歯磨きもこの時に済ませました。 今回は「多賀SA」を出た後、「恵那SA」と「みどり湖SA」で停車しましたが、私は半分寝ていたので、そのまま車内で待機。

サービスエリアで休憩 サービスエリアで休憩
矢印
2日目

07:00

乗鞍に到着!

乗鞍に到着

翌日の7:00ぴったりに湯けむり館に到着★まわり一面まっしろです。うう、寒いよ~(+o+)

今回は、帰りもこちらの湯けむり館に集合でした。集合前にこちらの温泉を利用するのもおすすめです。ビーウェーブでは通常720円のところを、500円で入浴できる割引券がついていますので、ぜひご利用ください!

湯けむり館 湯けむり館
矢印

07:10

本日のお宿、プチホテルアルムへ

アルム外観

本日のお宿、プチホテルアルムに到着。疲れたので、こちらで少し休んでからゲレンデへ行くことにしました。湯けむり館からは徒歩2分でとても利便性がよいお宿です。アーリーチェックイン(おひとり様につき 1,080円)と朝食(おひとり様につき1,080円)をお願いしました。

朝食はこちらで栽培されているキャベツのスープに、目玉焼き、デザートにはフルーツ。自家製のパンはやまぶどうのジャムをつけていただきました。このパンがすっごく美味しくて感動しました。食後のコーヒーor紅茶はおかわりOKです。美味しさが体に染みわたりました。

アルム朝食 アルム朝食
矢印

09:00

いざゲレンデへ!

湯楽里外観

おなかいっぱいになったら、いざゲレンデへ!お宿から送迎3分で到着です。
まずは、湯楽里横のレンタルコーナーにて、靴とボードをレンタルします。こういった靴は履きなれていないので、スタッフの方に教えてもらいました。

レンタル レンタル
矢印

09:20

ゴンドラに乗って上へ

ゴンドラ

ゴンドラに乗るのも、ひと苦労。私は初心者なので、ボードは手に持って乗ります。命がけです(汗)実は乗る時よりも降りる時の方が、転びそうでこわかったです。ビーウェーブスタッフの坂越さんに板の取り付け方から教えてもらいます。これがなかなかすんなりいかず、手間取ってしまいました。なんせ、スノボは人生で2度目、しかも10年ぶりなもので…。

最初はこわごわスタート。この時は、内心この調子じゃ無理かもしれない、と思いました。でも、この後だんだん上達する自分にびっくりしました。
午前中、1回だけ転ばずに長く滑れた瞬間が!お天気もよく、一瞬でしたが気持ちよく滑れました。

ボード装着 滑走
矢印

12:00

やまぼうしにて、昼ごはん休憩

やまぼうし外観

お昼ご飯は、こちら「やまぼうし」にて。
ツアー参加者はこちらのクーポンが使えますよ。何にするか迷いますね~。名物の山賊焼きがのった山賊丼もありますよ。
私はクーポンを利用してデミグラスソースのオムライス(930円→730円)、大淵さんは山賊焼カレー(1,100円)をチョイス。たまごがふわふわで美味しかったです。朝食をたっぷり食べたはずなのに、オムライスはスーッと胃袋へと消え去りました。

クーポン オムライス
矢印

13:30

午後もたっぷり満喫☆

滑走中

さあ、午後も頑張るぞー!
大淵さんに誘われるまま、かなり高いところまでリフトであがりました。本当に無事降りてこられるのか?と不安を抱きつつリフトに乗り込みます。
この後、3時間も滑った私は、膝にはアザがたくさんでき、かなりボロボロの状態に…。しかも自力では立てないため、大淵さんに転ぶたびに起こしてもらいました。でもとっても楽しかった~。せっかく上達したので明日も滑りたいけど、明日はスノーシューに挑戦です。
初心者の方は、手首やひざにサポーターをつけることを強くおすすめします。

滑走中 ゲレンデ
矢印

18:00

お宿で温泉入浴

お風呂

夕方、お宿に戻って早速お宿の温泉へ。源泉は無色透明のすずらん温泉です。お部屋にもお風呂はあるけど、ここはやっぱり温泉に入りたいですよね!フロントのホワイトボードに部屋番号を記入して、時間を予約します。湯船の中で、しっかり体を揉みほぐしましょう。
夕飯までしばしおやすみなさい。もうぐったり…(+_+)

お風呂入浴中の札 部屋で休憩中
矢印

19:00

お待ちかねの夕食♪

夕食

待ちに待った夕食。まずはスープに鮭&チーズ入りガレット。このガレットがとても美味しくて、私の中では今回食べたものの中でベスト3に入りました。あとの2つは、到着時に食べたアルムの自家製食パンと、湯けむり館内のレストラン「プリマベーラ」のマルゲリータです。
こちらはじっくり煮込んだ「特製ビーフシチュー」。お肉もがっつりいただきます。
一心不乱に食べる私たち。バイキングもいいですが、こういう落ち着いた雰囲気の中で、ゆったり食事をいただくのもいいものだな~と思いました。この日は早々と就寝。明日に備えます。

特製ビーフシチュー 夕食
矢印
3日目

08:00

朝食を食べてほっこり

朝食

翌日の朝食。前日とはメニューも少し変わります。パンは手ごねロールパン。やっぱり手作りって美味しいです。そのままでも美味しいですが、山葡萄のジャムをつけると、より一層美味しさが増します

手ごねロールパン スープ
矢印

09:00

半日スノーシュー体験に参加

スノーシュー

2日目、大淵さんはゲレンデへ、私はスノーシューに参加。スノーシューは、スキー・スノボ初心者の方でも、体力がそれほどない方でも大丈夫です。ちなみに私も普段、運動をほとんどしません(^_^;)くわしくはスノーシューレポートをご覧ください。

時々立ち止まって、ガイドさんからお話聞きつつ進みます。木の実を食べてみたり、凍った池の上を歩いたり、動物の足跡を見つけたり、自然を体感します。善五郎の滝でブレイクタイム。
こんな雪のすべり台を滑ったりもします。私は何度もふわふわの雪に埋もれました。約2時間のコースでしたが、あっという間でした。

スノーシュー スノーシュー
矢印

13:00

「湯けむり館」で入浴

湯けむり館

スノーシューの後、午後は大淵さんと合流して湯けむり館へ。浴場の扉を開けた途端、硫黄の香りが…源泉は、昨日とはまた違った乳白色ののりくら温泉です。湯船は広々としています。

のぼせたら露天風呂へ。少し時間にも余裕があったので、ゆっくり気持ちよく入れました。休憩スペースもあります。

湯けむり館 湯けむり館
矢印

14:00

「プリマベーラ」でお昼ご飯

プリマベーラ

入浴後のお楽しみ、館内にあるレストラン「プリマベーラ」で少し遅めのお昼ご飯をいただきます。なんと、本格窯焼きピザと手打ち生パスタが味わえるんです。こちらはエビと季節野菜のジェノベーゼ(1,150円)。生パスタだけあって、コシがあります。やっぱり美味しいな~♪

そして、マルゲリータ(1,050円)。今回、アルムのガレットとベスト1、2位を争う美味しさでした。どっちが1位かは、決められません…。 この値段でマルゲリータが食べられるなら、結構お得だなと思います。
本当はこの後、「こけもも」のソフトクリームを食べたいところでしたが、お腹がいっぱいで断念しました。

ジェノベーゼ マルゲリータ
矢印

15:00

帰りのバスへ乗車

湯けむり館前

悲しいことに、帰る時が一番晴れていました。バスに乗り込んで、乗鞍にお別れを…。なんだか盛り沢山な1泊3日でした。
スキー・スノボ以外にも温泉や食事が充分に楽しめるMt.乗鞍スノーリゾート、ぜひおすすめです。

バス乗車 乗鞍の景色